• BSAJ

早川さくら 受験体験記 PART2

更新日:2月18日


② Choate Rosemary Hall 受験


Choate Rosemary Hallに問い合わせた、2日後に返信が来ました。 当校のウェブサイトに記載されている出願手続きを完了することにより、入学および村田奨学金を申請することができます。 合格した場合は、2019学年度以降もChoateを続けるか、日本に戻るかを選択できます。 私はこの返信を見て、Choate Rosemary Hallに

The Murata US-Japan Scholars Program(村田日米奨学金)https://www.choate.edu/admission/tuition-and-financial-aid/murata-us-japan-scholars-program

を頂いて1年間だけ留学する事も可能なのかもしれないと思い、受験してみることを決意しました。

合格できなければ、そのまま日本の高校に通う予定でしたので、他の学校は受験しませんでした。

私は11月になってから受験をすることを決めましたが、出願の締め切りは1月15日でした。その間に必要なテスト受けてスコアを提出しエッセイも書かなければなりませんでした。塾などのサポートを受ける時間的余裕もなく、Choateのウェブサイトの指示に従って自分で出願手続きを行いました。 何とか1月15日の締め切りに間に合わせましたが、出願手続きをする過程で沢山の失敗もありました。


ボーディングスクールを受験に必要な手続き

ボーディングスクールを受験する為には

- 課外活動 (Extracurricular, Personal, and Volunteer Activities)

- 賞 (Academic and Personal Achievements)

- テストスコア (TOEFL、SSATまたはSAT)

- 学校の成績と推薦状エッセイ面接が必要になります。


受験手続きをする方法

- Gateway to Prep Schools   https://www.gatewaytoprepschools.com/

→ 多くのボーディングスクールの出願手続きの、課外活動や賞、エッセイ、成績と推薦状の送付はこのウェブサイトから行います。

- Collegeboard https://www.collegeboard.org/

→ SATの点数はCollegeboardのウェブサイトから直接学校へ送ります

- TOEFL   https://www.ets.org/jp/toefl

→ TOEFL の点数もTOEFLのウェブサイトから直接学校へ送ります。

- 学校のウェブサイト

→ 面接の申し込みは学校のウェブサイトから行いました。


課外活動や賞

Gateway to Prep Schoolsからは、まず

Candidate Profile

https://www.gatewaytoprepschools.com/documents/candidate-profile.pdf

という書類を提出する必要があります。

Candidate Profileは受験生の基本的な情報を入力する書類で、


- Biographical Information

- Citizenship Information

- Optional Background Information

- Educational Background

- Standardized Testing Information

- Extracurricular, Personal, and Volunteer Activities

- Academic and Personal Achievements

- Multimedia

- Family Information

- Additional Information / Explanation

等の項目を入力します。

受験手続きを自分でしていると沢山の書類を書きます。そしてCandidate Profileもその中の一つに思えるかもしれません。しかし、

Candidate Profileの


  • 課外活動(Extracurricular, Personal, and Volunteer Activities)

  • (Academic and Personal Achievements)


の欄はとても大事なところです。書き方をよく調べて慎重に記入してください。

Candidate Profileは一度提出してしまうともう修正はできませんが、提出しないとエッセイに進むことができません。エッセイに早く進まなければと思っていた私は慌てて


  • 名前、住所、生年月日 (Biographical Information)

  • 国籍 (Citizenship Information)

  • 人種 (Optional Background Information)

  • 通っていた学校 (Educational Background)

  • SATとTOEFLの受験日 (Standardized Testing Information)


と記載していって、


  • 課外活動 (Extracurricular, Personal, and Volunteer Activities)


の欄にはJapanese Harp (Koto)、Library Committee、Student Governmentと記載し、

  • 賞 (Academic and Personal Achievements)

の欄には今までに取った賞を箇条書きにしました。

  • マルチメディア (Multimedia)

は空欄のままにしてしまいました。

  • 追加の情報 (ADDITIONAL INFORMATION/EXPLANATION)

賞状をPDFにして添付 そして、Choate Rosemary Hallを受験すると決めてから2週間しかたっていない11月19日に提出してしまいました。


  • 課外活動や賞というとても重要な部分を10分か20分ぐらいで書いてしまった

  • Multimediaの欄は新聞に載ったりしたらそのリンクを張ることもできるのですが、空欄で提出してしまった。


等の失敗をしました。

そしてその後、面接の連絡も来ずこれ以上、課外活動や賞についてアピールする機会はないまま、出願手続きを終えることになります。



#bsaj #留学生 #ボーディングスクール #受験体験記 #ボーディング受験 #ChoateRosemaryHall #チョート

閲覧数:239回0件のコメント

最新記事

すべて表示